千葉県地域密着のハウスメーカー広島建設 セナリオハウス

採用情報

企業情報

特建事業・土地活用

公共施設の建築事例

≪建築工事中≫高柳駅西口駐輪場立体整備工事(11/15更新)

新入社員のSです。第七回目の更新となる今回は、「鉄骨の建て方」までのおさらいについて書かせていただきます。鉄骨建て方は「どこに重機を設置すると効率よく作業ができるか」、「近隣の施設や近隣住民、通行人や通行車両への配慮」を考えることからスタート。そして、その計画を書類にまとめ官公署へ提出し、近隣施設へあいさつに伺ったり、ご迷惑を掛けない為に近隣にお住まいの皆様への周知に努めます。現場の整備は、↑の仮設計画図に基づいて行われます。そうすると。。。
新入社員のSです。第七回目の更新となる今回は、「鉄骨の建て方」までのおさらいについて書かせていただきます。鉄骨建て方は「どこに重機を設置すると効率よく作業ができるか」、「近隣の施設や近隣住民、通行人や通行車両への配慮」を考えることからスタート。そして、その計画を書類にまとめ官公署へ提出し、近隣施設へあいさつに伺ったり、ご迷惑を掛けない為に近隣にお住まいの皆様への周知に努めます。現場の整備は、↑の仮設計画図に基づいて行われます。そうすると。。。

↑このようになります。また工事に使用する重機は直接建物に影響が出ないように設置位置にも配慮しております。
↑このようになります。また工事に使用する重機は直接建物に影響が出ないように設置位置にも配慮しております。

建てた鉄骨を一本一本、ずれていないかチェックを行います。柱の建て方制度はh/1000かつ10mm以下となります。(JASS6鉄骨工事より)また現場の安全は第一に!搬入された仮設材を確認するところから現場に設置されていることまでしっかりと確認し、また適正に使用するように周知徹底を行うことも欠かしません。
建てた鉄骨を一本一本、ずれていないかチェックを行います。柱の建て方制度はh/1000かつ10mm以下となります。(JASS6鉄骨工事より)また現場の安全は第一に!搬入された仮設材を確認するところから現場に設置されていることまでしっかりと確認し、また適正に使用するように周知徹底を行うことも欠かしません。

職人さんには、転落災害防止のため「安全帯」の着用を義務付けていますし、高い場所での作業に慣れているベテランの皆様なのですが、新入社員の自分かっらするとやっぱり見ていてヒヤヒヤしてしまいます。写真は結合部のさび止め塗料を縫塗っているところ。ちゃんと塗膜の厚みが適切なのかの確認も機会を使って計測します。
職人さんには、転落災害防止のため「安全帯」の着用を義務付けていますし、高い場所での作業に慣れているベテランの皆様なのですが、新入社員の自分かっらするとやっぱり見ていてヒヤヒヤしてしまいます。写真は結合部のさび止め塗料を縫塗っているところ。ちゃんと塗膜の厚みが適切なのかの確認も機会を使って計測します。

10/24に鉄骨の建て方は完了しました。写真は10/30の状況で外周に足場が設置されています。10月の時点で全体の50%程度の完成度になります。
10/24に鉄骨の建て方は完了しました。写真は10/30の状況で外周に足場が設置されています。10月の時点で全体の50%程度の完成度になります。

※工程は天候や工事の進捗状況により変更します。
※工程は天候や工事の進捗状況により変更します。

次回は、各階の床になるデッキコンクリートの施工の様子を報告する予定です。ではでは。

物件名 ≪建築工事中≫高柳駅西口駐輪場立体整備工事(11/15更新)
発注者 柏市
用途 立体駐輪場
構造 S造
階数 3階
延床面積 1202.31㎡
竣工年月 2019年3月