広島建設

  • カタログ請求
  • お問い合わせ

テクノロジー

住宅用制震ダンパー MIRAIE[ミライエ]

安心に包まれた住まいへ。めざしたのは、
すべての家が備えられる地震対策です。

住宅用制震ダンパー MIRAIE[ミライエ]

人生で、もっとも高い買い物になる家。数えきれないほどの思い出が、そこで生まれ、家族の絆を深めて行く。そんな、かけがえのない家族が暮らす大切な住まいだから、どこよりも安全な場所であってほしい。新しい地震対策の取組みとしてセナリオハウスは、二度の震災を経験した住友ゴム工業(株)の住宅用制震ダンパーMIRAIE[ミライエ]を正式採用します。多くの斜張橋のケーブル振動を「高減衰ゴム」という技術で抑制し、橋の安全を守ってきた、住友ゴム工業(株)独自の制震テクノロジーの結晶を住宅用制震システムに応用したMIRAIE[ミライ]は、さまざまな地震の揺れを吸収し、繰り返す余震から家を守りつづけます。
※住友ゴム工業の実験結果によるものであり、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

地震対策はもはや当然。では、どう備えるか。

地震に耐える「耐震」、地震の揺れを吸収する「制震」。それぞれの特徴を知ることが、地震対策の第一歩です。

耐震と制震

家に伝わる地震エネルギーを効率良く吸収。
本震だけではなく余震にも繰り返し効果を発揮。

運動エネルギーを熱エネルギーに瞬時に変換する高減衰ゴム

高減衰ゴム

一般のゴムボールと高減衰ゴムを地面に落とすと、一般のゴムボールが跳ね上がるのに対し、高減衰ゴムボールはほとんど弾みません。これは、高減衰ゴムボールが運動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変えて、吸収・発散するためです。

最大70%の揺れ幅の吸収を実証

最大70%の揺れ幅の吸収を実証

実大振動台実験による検証下では、BSL波(建築基準法で想定されている大地震波)およびJMA 神戸NS波(阪神・淡路大震災原波)を使用。MIRAIEは70%以上の揺れを低減しました。

阪神・淡路大震災レベルの揺れにも、繰り返し効果を発揮

阪神・淡路大震災レベルの揺れにも、繰り返し効果を発揮

壁倍率が同程度の耐力壁と比較すると、MIRAIEを装着した制震壁の方が、繰り返しの揺れに強いことが確認できました。