ブログ

2020/9/07

コラム

デザインや機能の違う世界の戸建て住宅紹介

デザインや機能の違う世界の戸建て住宅紹介

注文住宅で新築にするときに、参考にしたいのが海外の住宅のデザインです。
和風の家も素敵ですが、海外の住宅は地域性を活かした機能も備わった住宅が多いのをご存知でしょうか?
今回は海外の住宅のデザインの特徴をご紹介します。
この記事を読んで海外の住宅のいいところを、ぜひこだわりの家づくりに取り入れてくださいね。

【アメリカ】海外の住宅のデザインの特徴

デザインや機能の違う世界の戸建て住宅紹介

①中庭

アメリカ南西部に多く見られるスパニッシュコロニアル様式と呼ばれる海外の住宅のデザインには、中庭があります。
中庭があることで、機能として、自然な日光の光と風を多く取り入れることができるというメリットがあります。
中庭は気軽にアウトドア気分を楽しめたり、子供の遊び場として楽しめたり、日光や風を取り入れる以外にも機能があります。
スパニッシュコロニアル様式は、敷地が広い住宅に取り入れやすく、人気のある海外の住宅のデザインです。
日光のほかにも、インテリアの木や革などの素材が映えるので、インテリアにこだわりのある方に特におすすめです。
 

②窓が大きい・多い

アメリカの住宅のデザインは窓が大きかったり、多かったりするのが特徴です。
アメリカの住宅のように日光を多く取り入れたり、スパニッシュコロニアル様式のような中庭は敷地の問題難しい、と悩んだりしている方には注文住宅の新築で、窓を大きくしたり、窓の数を増やしたりすることを、住宅のデザインを業者に依頼する際におすすめします。
そうすることで海外の住宅のように自然の光と風を取り入れることができますよ。

【イタリア】海外の住宅のデザインの特徴

デザインや機能の違う世界の戸建て住宅紹介

①外観から内装が統一

イタリアの住宅のデザインを取り入れたイタリアネイト様式は外観から内装まで統一されたデザインが特徴です。
白やベージュなどの明るい色のエレガントなインテリアに合わせて外観から内装まで統一することにより、海外のように住宅の中を広く見せることが可能です。
 

②窓を強調

イタリアネイト様式の特徴の一つが、住宅の外観の窓が強調されていることです。
窓の周りだけ外壁の色を変えて装飾のようにします。
窓周りを強調することで、まるで絵本の中で見るような海外の住宅を実現することができます。
外観に特にこだわりたい方に取り入れてほしい、海外の住宅のデザインです。

【フランス】海外の住宅のデザインの特徴

デザインや機能の違う世界の戸建て住宅紹介

①石造り

石造が特徴のフレンチスタイルも人気の海外の住宅のデザインです。
レンガなどで作られた住宅のデザインはフレンチスタイルになります。
日本は高温多湿であるため、通気性の優れた木材が住宅に採用されています。
通気性を優れさせるためにも、一部をレンガにするなどすると、海外の住宅のようなデザインにすることができますよ。
 

②窓が小さい

フレンチスタイルは窓が小さいことも特徴の一つです。
寒い地域は特にこの小さい窓が防寒の機能として役に立ちます。
日本でフレンチスタイルのような海外の住宅のデザインにしたい場合は、本場のフレンチスタイルよりも窓を大きくして、風が通りやすくすることをおすすめします。
 

③カーブした屋根

フランスは南北で屋根の形が若干違いますが、カーブをした屋根が特徴的です。
特に北フランスの降水雨量が多いため、雨が流れやすいようなデザインになっています。
日本も台風などがあるので北フランスのかわいらしい屋根の形は海外の住宅のデザインの中でも特に取り入れやすいですね。

【北欧】海外の住宅のデザインの特徴

デザインや機能の違う世界の戸建て住宅紹介

①ツートンカラー

海外の住宅の中でも北欧の住宅の特徴は外観がツートンカラーであることです。
屋根と外壁の色を類似しない色にすると、北欧の住宅のデザインに近づきます。
屋根がブラックカラーで、外壁は白やベージュなどのホワイトカラーにすると、日本でも浮くことなく海外の住宅のようにできます。
屋根が赤、外壁がホワイトカラーもおすすめです。
 

②木製サッシのついた大きな窓

北欧の住宅のデザインで特徴的なのが、木製サッシがついた大きな窓です。
北欧は曇りが多く、なるべく日光を取り入れるためにも窓が大きくされています。
先述した通り窓を大きくすると、部屋を広く見せることもできるので、日本でも海外の住宅のデザインとして取り入れやすいですね。
海外のように木製のサッシを取り入れる場合は白や木材の素材をいかしたブラウンカラーがおすすめです。

まとめ

今回は海外の住宅のデザインの特徴についてご紹介しました。
高温多湿な日本では、風通しを良くするといいので、アメリカやイタリア、北欧のように大きな窓はとても機能として理にかなっていますね。
大きな窓は部屋を広く見せることができるというメリットもあります。
そのほか、インテリアにこだわる方にはアメリカやイタリアの様式、外観にこだわる方はフランスや北欧の様式、などこだわりに合わせて取り入れる海外の住宅のデザインを決めていくと、理想の注文住宅に近づきます。
海外の住宅のデザインを上手に取り入れて、理想の住宅にしてくださいね。

  • 注文住宅

SHARE

  • フェイスブイック
  • ツイッター
  • ライン

こちら記事もおすすめです

ページトップに戻る