千葉県地域密着のハウスメーカー広島建設 セナリオハウス

採用情報

企業情報

特建事業・土地活用

公共施設の建築事例

≪建築工事中≫高柳駅西口駐輪場立体整備工事(12/28更新)

こんにちは。なかなか更新が遅れがちなSです。当現場の正式名称が決定しました!「高柳西口第一駐輪場」となるそうです。よくよく考えてみると西口に出来る第一号の駐輪場のようです。周囲には駐輪場が点在していますが、つい先日、駅前のロータリー内に新設のコイン駐輪場が出来ました。地域の方の駐輪場需要の高さが感じられます。 前回は鉄骨建て方をまとめました。今回はデッキコンクリートをまとめます。鉄骨造の建物も床はコンクリートでつくります。まず、鉄骨工事で床の下地となるデッキプレートを溶接します。床、天井のギラギラした板がデッキプレートです。
こんにちは。なかなか更新が遅れがちなSです。当現場の正式名称が決定しました!「高柳西口第一駐輪場」となるそうです。よくよく考えてみると西口に出来る第一号の駐輪場のようです。周囲には駐輪場が点在していますが、つい先日、駅前のロータリー内に新設のコイン駐輪場が出来ました。地域の方の駐輪場需要の高さが感じられます。 前回は鉄骨建て方をまとめました。今回はデッキコンクリートをまとめます。鉄骨造の建物も床はコンクリートでつくります。まず、鉄骨工事で床の下地となるデッキプレートを溶接します。床、天井のギラギラした板がデッキプレートです。

ここに床のコンクリートのひび割れが発生しにくくするためにワイヤーメッシュを敷き込みます。
ここに床のコンクリートのひび割れが発生しにくくするためにワイヤーメッシュを敷き込みます。

メッシュ筋は重ねるように施工していきます。重ね量が適正かどうか確認し検査、記録を取っていきます。もちろんゴミなどコンクリート内に異物が入らないように清掃は常に実施しコンクリートの打設寸前まで行います。 そして打設です。基礎の時と同じようにコンクリートの試験を行い品質に問題がないことを確認し、打設を行います。
メッシュ筋は重ねるように施工していきます。重ね量が適正かどうか確認し検査、記録を取っていきます。もちろんゴミなどコンクリート内に異物が入らないように清掃は常に実施しコンクリートの打設寸前まで行います。 そして打設です。基礎の時と同じようにコンクリートの試験を行い品質に問題がないことを確認し、打設を行います。

コンクリートをしっかりと締め固めるためにバイブレータにて加振を行いながら打設していきます。マスクの職人が持っているものが高周波バイブレータです。
コンクリートをしっかりと締め固めるためにバイブレータにて加振を行いながら打設していきます。マスクの職人が持っているものが高周波バイブレータです。

打設完了直後の様子です。これでは床がまだまだ汚いのでここから土間屋さんにより金コテ2回押えを実施します。
打設完了直後の様子です。これでは床がまだまだ汚いのでここから土間屋さんにより金コテ2回押えを実施します。

冬場だと2度目の金コテ押えが夜9時過ぎるようになってきます。気温が低くコンクリートが固まらないことが原因です。ちなみに機械の名前は通称「プロペラ」プロペラがくるくる回り土間を仕上げていきます。
冬場だと2度目の金コテ押えが夜9時過ぎるようになってきます。気温が低くコンクリートが固まらないことが原因です。ちなみに機械の名前は通称「プロペラ」プロペラがくるくる回り土間を仕上げていきます。

こういった手間をかけ、美しいコンクリートの床は出来上がっていきます。仕上げた床が均一な色ではないのは、雨が降った後の雨染みです。
こういった手間をかけ、美しいコンクリートの床は出来上がっていきます。仕上げた床が均一な色ではないのは、雨が降った後の雨染みです。

※工程は天候や工事の進捗状況により変更します。
※工程は天候や工事の進捗状況により変更します。

年内の工事は12/29までです。年明けは1/4から作業開始となります。

次回は建物の壁となるALCです。でわでわ。

物件名 ≪建築工事中≫高柳駅西口駐輪場立体整備工事(12/28更新)
発注者 柏市
用途 立体駐輪場
構造 S造
階数 3階
延床面積 1202.31㎡
竣工年月 2019年3月