テクノロジー

耐火性

大切な家族と住まいを守る高品質部材。

なぜ耐火性が必要か?

火災が住宅で発生すると、室内の温度は火災発生5~10分程度で約500℃に達します。さらにフラッシュオーバーと呼ばれる現象が起こると、瞬く間に室内温度は1000℃にまで達します。特に火を使う場所ではフラッシュオーバー現象の遅延や温度上昇に抵抗するように燃えない・燃えにくい材料を使わなければなりません。建築基準法では、この材料を防火材料と呼び、防火材料で仕上げる場所を規定しています。このような制限を内装制限といいます。これらにより、避難路を確保するわけです。火災はフラッシュオーバーをへて1000℃の温度で燃えつづけ、燃え広がろうとします。この建物内の延焼を防止したり、炎による建物の崩壊を防止するために、耐火性能のある壁や耐火性能のある材料で柱などを覆っています。

全周基礎パッキング工法

一般に「木」というと、薪など燃料に使われるイメージから「燃えやすい= 火に弱い」という印象をもたれる人が多いかも知れません。しかし、木は燃えると表面に炭化層が形成され、この炭化層によって火が内部まで通らず火災の進行を抑えるため、燃えても強度が低下しにくいのです。左の写真は構造材76×235mm それぞれに500kg の荷重をかけ、約1000℃まで加熱した模様です。


火災に強い住宅は外壁から!
火災には、しっかりとした備えが必要です

最高等級である4等級に対応

日本住宅性能表示制度では、外壁材に火熱を遮る時間の長さを評価した「火災時の安全に関する耐火等級」が定められています。この等級において、セナリオハウスの標準外壁材は最高等級である4等級に対応し、準不燃材料として国土交通大臣の認定を受けています。
※使用する外壁材により異なります。
※耐火・準耐火構造は別の設計基準を要します。

  • 耐火試験炉

    耐火試験炉

  • 耐火試験の様子

    耐火試験の様子

耐火等級 延焼のおそれのある部分の外壁など(開口部分以外)にかかわる火炎による加熱を遮る時間の長さ
4 火熱を遮る時間が60分以上
3 火熱を遮る時間が45分以上
2 火熱を遮る時間が20分以上
1 その他

室内にも火災に強く!

室内に使用される石膏ボードが火に強いのは、石膏の重量の約21%に相当する結晶水に秘密があります。この結晶水は、通常の状態では非常に安定していて発散することがありませんが、ひとたび火熱に接すると熱分解を起こし、石膏ボード内の結晶水すべてが蒸発を始めます。結晶水が水蒸気となり放出されてしまうまで石膏の温度は一定温度以上、上昇しません。わかりやすく表現すると「氷にバーナーで炎を吹きつけるとその部分は徐々に溶けて水となり、氷が全部溶けるまで温度は0℃以下を保ったまま」という現象をイメージしてください。だから“室内も火災に強く!”と言う事なのです。

石膏ボードに含まれる結晶水が消防士の役割を果たします

石膏ボードは21%の結晶水を含んでいます


ページトップに戻る