テクノロジー

構造

実験によって証明された科学的なJ-WOOD工法は
軸組在来工法を革新する超合理化工法です。


「日本の木(ヒノキ)」と共に暮らすステータス国産材工法檜ハイブリッド工法

「日本の木(ヒノキ)」と共に暮らすステータス国産材工法檜ハイブリッド工法

古来から耐久性の高さは折り紙付。社寺仏閣の建築用材のほとんどがヒノキであり、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺にもヒノキが使われています。近年改修の際に表面を削ったところヒノキの香りがしたという逸話もある程長生きする材料です。

日本には四季があり、高温多湿・シロアリの発生など、建築用材には大きな負担がかかります。その独特の日本の風土や気候に最も適した建築用材として、ヒノキの良さは昔も今も変わることはありません。

また、ヒノキの魅力として、ヒノキが晒し出すほのかな香りがあります。「フィトンチッド」というヒノキに含まれる成分がリラックス効果をもたらし、更に抗菌作用・腐朽菌抑制作用があるのも特徴的です。

日本で育ったヒノキは日本特有の環境に耐えうる建築用材の性質と人にやさしい癒し効果を兼ね備えた木材です。その建築用材として優れた特性をもつ国産ヒノキを使用した檜ハイブリッドは、在来工法に国産材ヒノキと国産材杉を構造材として、適材適所に配置したセナリオハウスオリジナルの新工法です。(強度が必要な部分には強度優先の材料を選定する場合があります。)

日本の風土に最も適した国産材を使用した
家づくりは森を守り、未来の環境を守ります。

国産材を使用した家づくりが日本の環境の未来を守る

林野庁『木材利用ポイント制度』

森林は木材として利用されるためだけに存在しているわけではありません。森林は様々な形でわたしたちに恩恵をもたらしています。

例えば水。いつも私たちの周りに当たり前のようにある水は、森林からもたらされています。森林は自然のダムとして、長く雨が降らなくても途切れなく水をコントロールしながら送り出してくれています。整備された森林(人工林)はCO2 の吸収固定源として地球温暖化対策に非常に有効であり、国産材を積極的に使い森林整備を促進することが、日本の環境を守ります。

そして、セナリオハウスの家づくりも、この森林サイクルのひとつと位置づけ、未来へつなぐ環境への取組みに参加しています。

地球環境と共存できる次世代住宅用構造材

J-WOOD LVLは、地球資源の保護を目的とした生産システムから生まれた優れた木製製品です。苗木を植えてから30年間生育させたニュージーランドのラジアータパインを使用しています。1年生育の木材から30年生育の木材まで年代ごとに植え揃え、30年生育の木材だけを伐採するという輪伐システムで、30年周期で森を再生し、生産される現代科学の粋が生んだエンジニアリングウッドです。

地球環境と共存できる次世代住宅用構造材

無垢材の約1.5倍の高強度

一般的な製材に比べて約1.5倍の強度が確保されているJ-WOOD LVL。JAS(日本農林規格)により様々な耐久試験や認定工場での製造や出荷時の検査なども義務づけられており、万全な管理体制のもとで生産された木質製品です。構造材に狂いが生じると、住宅性能を高めるための高断熱・高気密施工も無駄になってしまいます。高耐久性と高い寸法安定性のJ-WOOD LVLは、現代の高性能住宅に欠かせません。

J-WOO・LVLせん断試験

J-WOO・LVLせん断試験(写真:※1)

米松せん断試験

米松せん断試験(写真:※2 )

通常ムクの約1.5倍の強度です

最強構造のパートナー!
セナリオハウスでは万全の基礎・地盤対策で住宅の安全性を確保。

緊結金物工法による高強度高精度な接合

在来工法の基本的な接合は仕口と継手です。木材を大きく削り取り組み合わせる為に、接合部が乾燥収縮などにより狂いが生じて弱くなり地震などの揺れで破損する心配がありました。J-WOOD工法では公共ホールや体育館に普及している金物接合を住宅に採用し、在来工法による構造仕口の2倍以上の耐力が得られます。

地球環境と共存できる次世代住宅用構造材

いかに住宅性能が優れても、そこに暮らす人の健康を害する
室内空気環境では、その住宅は高性能とは呼べません。

3世代に渡り安心して暮らせる住む人にやさしい住宅性能

現代病のひとつシックハウス症候群は、新築時の住宅に多く発生し、新築病ともいわれるように、建築資材から発生するホルムアルデヒドがその大きな原因とされてきました。J-WOOD LVL及び檜ハイブリッドは、フェノール樹脂接着剤を使い製造工程において高温で、熱圧締を行うことで、接着層からのホルムアルデヒド放散量をゼロに近いレベルまで抑え、最も安心な基準であるF ☆ ☆ ☆ ☆を取得しています。

J-WOOD 工法は公共施設にも使用されている安心の工法

J-WOOD 工法は公共施設にも使用されている安心の工法

構造用大断面LVLを抜きにして現代の木造建築物は語れない時代となりつつあります。J_WOOD LVLに使用されているフェノール樹脂接着剤の耐用年数は、実験数値で300年以上相当の耐久性を満たし住宅に採用しても3世代に渡って住み続けることが可能な耐久性・安全性に優れた接着剤であると証明されています。

ページトップに戻る