BLOG

特建事業部のつぶやき

柏みどりこども園

改築(建替え)工事がはじまりました

2022/1/14

改築(建替え)工事がはじまりました

 

明けましておめでとうございます。

先月から柏市東中新宿にある柏みどりこども園改築(建替え)工事がはじまりました。

この工では、既存園舎を解体し新しい園舎を建てる建替工事となります。

工事が始まったとはいえ、まだ大規模な作業に移るのはまだ先の話になります。

実は建物を建てるためには準備期間が必要となり、今回のように大きな建物ではより時間がかかります。

しかし、その準備期間も含めて安全・品質・工程・原価を管理することが私たち工事管理の仕事になります。

今回はその準備期間にどんな作業があるのかをご紹介します。

改築(建替え)工事がはじまりました
改築(建替え)工事がはじまりました
建物を建てるために、まず土地の整備を行います。 今回は既存の遊具や小屋、庇の一部を撤去し、今後の工事がしやすいように整備します。 建物内では子供たちが遊んでいる最中なので、細心の注意を払いながら、重機の操縦士(オペレーター)さんが鉄骨を壊しています。

庇部分の鉄骨をアーム先端で器用に挟んでいます。
重機はこの他にも、土をすくうバケット、コンクリートの塊を粉砕するハサミなどがあり、装備を付け替えることで様々な用途で活躍します。
改築(建替え)工事がはじまりました
改築(建替え)工事がはじまりました

土地の整備が終わっても、すぐに工事とはいきません・・・。

工事用の材料を積んだトラックは重すぎるため、せっかく整地した地面をぐちゃぐちゃにしてしまいます(道路にできる轍のようなイメージです!)。 雨などが降って土がぬかるむと足を取られたりして余計な仕事を増やしかねません。

 

そこで、巨大な鉄板を地面に敷いて車両の乗り入れがし易いようにします。この鉄板やその他現場で使用する備品の多くはリース(レンタル)品の為、無駄が少ない使い方を求められます。 必要最小限の期間で効率よく使用できるか否かで監督の腕が試されます。

 

鉄板は1.5m×3mの大きさです。 大きい現場ではこの倍の大きさの鉄板を2枚重ねなければ動かせない巨大なクレーンを使ったりします。

改築(建替え)工事がはじまりました
また、今回の建設予定地の地中には現在使用している水道管や下水管が通っています。 そのまま工事を進めると重機などで掘り起こす際に壊してしまう恐れがありますので、邪魔にならないよう完成した建物の周囲に事前に埋めなおしておきます。

建物の形が見えるのはまだ先の事ですが、それまでの間にも沢山の人が携わり作業を進めています。

新しい年を迎え、改めて気を引き締めながら日々業務を行ってまいります。

その様子をまたブログにてご紹介しますので、今後ともよろしくお願いいたします。

  • TAGS :

OTHER ARTICLEこの現場の記事をもっと見るその他の記事をもっと見る

ARCHIVE