テクノロジー

耐久性

優れた防水性・防湿性を持続する
さまざまななテクノロジーで住宅を長持ちさせる。

新築時の強度・品質を長期維持

住まいの大敵「壁体内結露」の対策として、外壁の内側に通気層を設けた外壁通気工法を採用。通気用土台水切りから取り入れた空気を上昇させ、壁体内にこもる湿気を棟換気や軒下換気にて排出します。湿気が侵入しても速やかに排出するために、外壁材構造材の耐久性を高め、内部結露を防止。また外壁の反りや変形防止、断熱性能の劣化防止にも役立ちます。

床下の換気対策

全周基礎パッキンを配置し、土台と基礎に間隔をつくることで、建物の全周にわたって通気性を確保。これは基礎まわり全体からまんべんなく換気できるようにしたもので、外気が常に床下を通り抜け、湿気がとどまるのを防ぎます。基礎と土台の間にほどこした「全周基礎パッキン」は耐久性に優れた湿気に強い素材で、建物の要となる土台と床組みを腐朽から守ります。また、通常の「基礎パッキン」とは違い「全周基礎パッキン」を標準採用しています。住宅の荷重を基礎全周で受けるので、さらに安心です。

  • 全周基礎パッキン施工イメージ

    全周基礎パッキン施工イメージ

  • 従来工法

    従来工法

  • 全周基礎パッキンの場合

    全周基礎パッキンの場合

樹脂製通気胴縁を採用

高純度リサイクル樹脂の使用により、品質の安定を実現しました。天然木材の通気胴縁に比べて、耐久性、保釘力、品質安定に優れています。

外壁 窯業系サイディング

窯業系サイディング

セルフクリーニング効果で、汚れ物質と外壁表面の間に常に水が入り込んで、煤煙や排気ガスなどの水となじみにくい汚れの付着を防いでくれます。さらに、雨水があたると膜表面の汚れを雨水と一緒に洗い流します。(一部デザインにより対応外となる場合がございます)

屋根下地 改質アスファルトルーフィング

改質アスファルトルーフィング

長期耐久性に優れている改質アスファルトルーフィングを使用。屋根工事には数多くの釘が下葺材を貫通し、野地板に打たれます。釘を打ち込んでも釘穴のまわりをしっかりとシールして雨水の浸入を防ぐ改質アスファルトルーフィングを使用し、信頼性の高い防水性能を実現しています。

防腐・防蟻土台処理

防腐・防蟻土台処理

土台には、防腐・防蟻性に優れたヒノキ材を使用。更に、性能を高めるため、土台より高さ1.0m以内の構造材(水廻り部の柱は1階部分)に薬剤処理を施しています。

樹脂アングルサッシ

地盤改樹脂アングルサッシ良

樹脂は非常に熱を伝えにくい素材です。樹脂の熱伝導率(熱の伝えやすさ)はアルミのなんと1/1000といわれています。内装材と接するアングル部に樹脂を採用することで、温度差により発生する結露を抑え、内装材の腐食を防ぎ住宅の長寿命化に貢献します。

J-WOOD工法

高性能で耐久性に優れたJ-WOOD工法(セナリオIII、シータ標準)住宅性能表示の劣化対策等級3(最高等級)に相当します。

J-WOOD工法

[黄色部分の外壁部の柱、または、合板、下地材(胴縁含む)等]

ページトップに戻る