テクノロジー

耐震性

万一の時にも高機能構造が住まいを支える。

ホールダウン金物

もしも・・・に備えた住まい設計

阪神淡路大震災では6千名を越える犠牲者のうち、約8割の方が建物倒壊により亡くなられました。倒壊したのは、殆どが在来工法の2階建て以下の木造住宅で、柱が土台から引き抜かれた事が、主な原因と言われています。ところが、3階建て木造住宅では、倒壊の被害は殆ど見受けられませんでした。この要因は、3階建以上の木造住宅の建築物には、構造計算によりホールダウン金物の設置が義務付けられていたからです。このホールダウン金物が柱の引抜力を食い止めるという大きな威力を示したのです。当社では、全ての建物にこのホールダウン金物を採用しています。

地盤調査

地盤改良

地震大国の日本にあって避けては通れぬ地震対策も考慮した安心設計で耐震性を確保

震災の教訓から基礎や柱の接合力を強化!
ホールダウン金物で接合部分の強度性能を高める

基礎と建物を繋ぐホールダウン金物

建物を支える基礎から土台や柱が抜けないように、柱と基礎を緊結するためのホールダウン金物を住宅の重要な部分に設置することで、地震の揺れによる建物の倒壊を防ぎます。建築基準法で定められた基準を満たすことはもちろん、厳しい自社基準の検査を合わせて実施。

地震による建物倒壊のメカニズム

  • 地震発生!まずP波という縦揺れが到達し縦方向の揺れが建物を押し上げる。

  • 次いで基礎・土台・柱等の弱い接合部分が抜けを起こす。そこへ遅れてS波という横揺れが到達。

  • S波の横揺れによって地盤面と架構体がずれてしまい建物の荷重により柱が折れ、倒壊に至る。

柱状改良の施工例

[阪神淡路大震災の木造住宅の倒壊現場]

ページトップに戻る