TECNOLOGY

テクノロジー

「建てる前」から
「建てた後」まで
安心・快適な
住まいづくりをめざして

ライフスタイルに合わせた暮らしやすさと大切な家族を地震から守る安全性。高い品質基準で「安心して暮らせる家」を実現するセナリオハウスの住まいのテクノロジー。

01technology

制震性・耐震性

いちばん大切な家族を守るための家、
「制震」+「耐震」で安心と安全を備える

制震性・耐震性

政府地震調査委員会では、今後30年以内に大地震が発生する確率は南関東直下型地震が70%と公表しています。30年以内というのは、30年後というのではなく、明日起きても不思議ではないのです。突然起こる地震から家族を守るためには、住まいの耐震性を高め、地震に負けない(倒れない)強い家にすることが必要です。

02technology

構造

確かな技術から生まれる
快適な住み心地強い家を
つくる構造と工法

在来工法で重要な仕口・継ぎ手・ホゾなどの加工をCADで設計されたデータを基にコンピューター制御で機械加工しています。その精度は手加工と比較すると格段にアップし、ばらつきが少ない高耐久、高品質の構造をつくることができます。さらに現場の施工精度を高め、作業性の向上に加え工期の短縮を実現しています。

構造
  • 集成在来工法
  • 檜ハイブリッド
    工法

03technology

耐久性

建てる前から
建てた後まで、
安心安全で快適な
住まいづくりをめざして

家は消耗品ではありません。土地を知り、建物を知るセナリオハウスだからできる安全で快適な暮らしを考えた家づくりは耐久性に優れた性能を備え、末長く安心して住み継ぐことのできる住まいとして資産価値を保ちます。

04technology

断熱性

断熱・遮熱性能がもたらす
人、暮らし、環境に
やさしく快適な毎日

四季を通して気温と湿度の差が大きい日本では、冬暖かく夏涼しい住まいが求められています。セナリオハウスでは、建物の中に熱を伝えない、または室内の熱を逃がさないために家全体を包み込む断熱材と熱損失の大きい窓にもこだわりのものを選んでいます。住宅性能表示制度に定められる断熱性能の基準【断熱等性能等級】において最高等級、またエネルギーの削減を図る基準【一次エネルギー消費量等級】においても最高等級(採用する設備により適合可否は異なります。)に対応しています。エネルギーロスを抑え、夏涼しく冬暖かい、年中快適な“エコで心地いい暮らし”をお届けします。

耐火性

05technology

耐火性

大切な家族と住まいを
高品質部材で守る

実は木材のほうが鉄に比べると熱による強 度低下が緩やかなのをご存知でしょうか。 短時間では、柱などの表面が燃えていても、燃えた部分が炭の層となるため内部まで熱が伝わりづらく、火の通りが妨げられるのです。火災から10分後の鉄と木材を比較すると、鉄の強度は20%以下まで低下するのに対し木の強度は炭化層の働きにより約80%に保たれます。火災時において「木造より鉄骨住宅のほうが怖い」と言われるのはそのためです。

06technology

安全性

家族の健康と
家族の身の安全を守る

安心して暮らすことに欠かせない住まいの防犯対策。留守宅を狙った不法侵入など、その犯行の実態を把握・分析し、必要な防犯設備を検討しましょう。セナリオハウスの住まいは、防犯性の高い設備の採用により外からの侵入を防ぎ、毎日の安心をお届けします。また、内装はホルムアルデヒド対策等級最高等級3対応でシックハウス症候群から家族の健康と、燃えない断熱材グラスウールで延焼から家族を守ります。

07technology

安心保証

セナリオハウスの
責任保証
プログラム
「HART(ハート)」

セナリオハウスでは末永く安心・安全にお住まいいただくために、ご入居後の定期点検、保証制度、アフターサポートを実施しています。

ページトップに戻る