technologyテクノロジー

断熱性

04technology

断熱性

【断熱 × 遮熱】のダブル効果で
人、暮らし、環境にやさしく快適な毎日

四季を通して気温と湿度の差が大きい日本では、冬暖かく夏涼しい住まいが求められています。セナリオハウスでは、建物の中に熱を伝えない、または室内の熱を逃がさないために家全体を包み込む断熱材と熱損失の大きい窓にもこだわりのものを選んでいます。住宅性能表示制度に定められる断熱性能の基準【断熱等性能等級】において最高等級、またエネルギーの削減を図る基準【一次エネルギー消費量等級】においても最高等級(採用する設備により適合可否は異なります。)に対応しています。エネルギーロスを抑え、夏涼しく冬暖かい、年中快適な“エコで心地いい暮らし”をお届けします。

透湿防水遮熱シート(タイベックシルバー)

雨水を防ぎ湿気を逃す透湿防水シートには、タイベックRシルバーを採用。優れた透湿・防水性能に加え、アルミニウムに抗酸化樹脂コーティングを施し、室内環境を快適にする遮熱性能の2つの機能を合わせ持つ高性能透湿防水遮熱シートです。

透湿防水遮熱シート
セナリオハウス

アルミの高い遮熱性

赤外線の
85%を反射

赤外線の反射率の比較 赤外線の反射率の比較 ※デュポン中央研究所による
測定結果による

魔法瓶の発想で
オールシーズン快適

アルミニウムは、高い赤外線反射率を持ち、熱の放射を抑える特徴があります。この特徴を活かしたタイベックRシルバーは、赤外線反射率約85%(=赤外線放射率約15%)※という、高い遮熱性を有しています。夏は屋外(外装材)からの輻射熱(赤外線)を反射し室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。

赤外線の反射率の比較

健康、安全、環境
配慮した断熱材

高性能グラスウール

グラスウールは、細かいガラス繊維を絡み合わせてつくられる空間(動かない空気の小部屋)によって、熱を伝えにくくする断熱材です。セナリオハウスは一般的なグラスウールよりもさらに細かい繊維を組み合わせた高性能グラスウールを採用しています。また、屋根直下は吹込み用グラスウールで隙間のない徹底した断熱対策を施しています。

高性能グラスウール 室内:高性能グラスウール
吹込み用グラスウール 天井:吹込み用グラスウール

断熱性能による室温と
体感温度の差

断熱性能による室温と体感温度の差 ※「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ 住宅」標準住戸のプランにおける例で
 AE-Sim/Heatによる計算結果より。出典:YKK AP(株)

断熱性の優れた家は
体感温度もアップする!

同じ室温でも断熱性の異なる部屋では「体感温度」に差が出ることをご存知でしょうか。人間の体は空気の温度だけでなく、床や壁・天井からの「放射熱」も感じ取ります。この温度を「平均放射温度」といい、人間が感じる「体感温度」に影響をあたえるため、差が生じるのです。

断熱イメージ図
ZEH住宅 ※弊社施工:ZEH住宅/習志野市

快適性と省エネ性の温熱環境基準断熱等性能等級「最高等級4」に対応

断熱等性能等級の判定においては、北海道から沖縄までの日本全国を8つの区域に区分し、各地の気候特性を踏まえた基準値が定められています。家全体の熱の通しやすさ(外皮平均熱貫通率=UA値)を1~4の4段階の等級で評価しますが、セナリオハウスでは、この判定基準において、最高等級である「等級4」に対応しています。

外皮平均熱貫流率

開口部からの熱の伝わりをおさえる
でオールシーズン快適!

快適な室内環境を作る窓

熱の最大の侵入口である開口部には、中空層を設けたLow-E複層ガラスと熱伝導率の低い樹脂素材とアルミを組み合わせた、アルミ樹脂複合断熱サッシを採用。冬の断熱効果と夏の遮熱効果をあわせ持つ高い性能で、一年を通じて快適な室内環境を実現します。また、アルミ樹脂複合断熱サッシ、高性能樹脂サッシ、トリプルガラス樹脂サッシなど、さまざまな仕様をご用意しております。

Low-E複層ガラス

Low-E膜を室外側に配置することで、優れた断熱性能はそのままに、より遮熱性を向上。夏の強烈な日差しもしっかりカットします。夏に頻繁に冷暖を使用する地域、夏に強烈な日差しが入る部屋などおすすめです。

Low-E複層ガラス

掲載の商品・部材の色・柄などは、実際とは多少異なる場合があります。
※写真および内容の一部は、改良を目的として予告なく変更することがありますのでご了承ください。
※仕様や説明等は商品によって異なります。また表現としてイメージを含んでおります。

technology
ページトップに戻る